高橋裕博さんの友禅作業(2017年7月28日)

高橋さんの制作が進んでいます。御所解文様帷子の骨豆地入れをしているところです。
柄の部分にのみ豆汁をひくことを骨豆地入れと言うのですが、普通の地入れに比べて非常に手間がかかります。
柄が細かく、量も多いので想像以上に時間がかかって驚いているとのことでした。


© 2015 tananohataya